カテゴリー: 鎌倉市

雪ノ下1丁目の路地

鎌倉市雪ノ下1丁目の路地は、また格別な鎌倉を味わえます。

鶴岡八幡宮より若宮大路東側にある雪ノ下の路地も鎌倉らしいよい路地です。
路地マニア垂涎の場所です。
128-1
しばし、路地をご堪能ください。

128-2
こちらの路地もいいですね。

128-3
こんな町に住んでみたいですね。

宝戒寺

宝戒寺は、鶴岡八幡宮の東側にあるお寺です。

寺のあるところは鎌倉時代の執権であった北条氏の屋敷があったところといわれています。

127-1
お寺の入り口路地は、敷石が独特で風情があります。
入館料は100円です。

127-2
いい水音が、柄杓で水を流し込むと流れます。

127-3
お寺には、鐘ですね。ついてみたいですが、入れませんでした。

鎌倉情緒が満喫できる良いお寺です。
萩の季節はとてもきれいなお庭になるそうです。

鎌倉市二階堂の町並み

鎌倉の落ち着いた情緒が残る、二階堂の町並み

鎌倉宮から、お宮通りを外れ南下すると二階堂の落ち着いた住宅街になります。

126-1
この落ち着いた雰囲気と大きな邸宅が並ぶ町並み

126-2
時折、観光の人力車も行き交う鎌倉ならではの風景ですね。

126-3
二階堂川です。滑川に合流します。

鎌倉宮

鎌倉市二階堂にある鎌倉宮

1869年に明治天皇の勅命により創建。足利氏により親王が幽閉された土牢や宝物殿があります。

意外と歴史が浅い神社です。

125-1

二階堂の閑静な住宅街を抜けると鳥居があります。

125-2

厄割り石にお皿を思いっきりぶつけて厄払いです。

125-3

獅子舞が妙な動きをするハイテク?おみくじ「獅子舞みくじ」があります。

荏柄天神社

荏柄天神社

古くは荏柄天満宮とも言われていて、 大宰府天満宮、北野天満宮とともに日本三大天神と言われています。菅原道真公を祀った神社で、学問の神として有名です。

124-1

荏柄天神社の鳥居は鎌倉市二階堂にあります。 鎌倉駅からは徒歩20分程度です。

124-2

境内です。 雷雨と共に黒い束帯姿の天神が天降り、神験をおそれた里人が社殿を建てて祀ったとされています。

124-3

参道を石段の上から撮りました。 鎌倉の落ち着いた町の風景は、良いですね。

西御門の源頼朝のお墓

西御門にある、白旗神社、源頼朝公のお墓があります。

白旗神社は、鶴岡八幡宮の東側、西御門にあり、源頼朝の館があったところに源頼朝のお墓が有ります。

123-1

ひっそりとした住宅街、西御門にある白旗神社

123-2

石段を登ると源頼朝のお墓が有ります。 以外に質素なのが印象的です。

123-3

源頼朝のお墓からの鎌倉の風景 昔から変わらない風景がここにあります。

ご存じ、鶴岡八幡宮

鎌倉といえば、鶴岡八幡宮ですね。

鶴岡八幡宮といえば、鎌倉の中心地です。 なんとなくパワースポットの気配がします。

122-1

三の鳥居、この付近はいつも人が溢れていて活気があります。

人力車のお兄さんもたくさんいますね。今まで乗ったことはありませんが、機会があれば一度くらい乗ってみたいものです。

石段の横にある大銀杏が有名でしたが、倒れてしまってからもう4年も経つんですね。

122-3

白旗神社 源頼朝公、実朝公がお祀りされており、黒塗りの御社殿が印象的です。祭神の御神徳にあやかり必勝や学業成就の信仰のあつい神社です。

鎌倉市小町の路地と鉄の井

小町通りの喧騒が嘘のような小町の路地裏

小町通りの細い道を一歩中へ入ると、路地裏は静かに佇んでいます。

121-1

通りの喧騒がなく小町の町並みや路地裏の雰囲気が味わえます。 細い路でも奥まで繋がっていて古い町並みが味わえます。

121-2

何処か懐かしい路地裏の中には、名店などもひっそりと営業しています。

121-3

小町通りの最後に、鎌倉十井のひとつ、「鉄の井」があります。

鎌倉小町通り

鎌倉市小町は、観光客、修学旅行生、外国人で賑わっています。

小町の通りは、いつも観光客で賑わっています。 鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ通じる小道、沢山の店舗がひしめき合っています。

120-1

鎌倉駅より小町通りの入口は赤い鳥居が目印です。

120-2

小町通りは、一年中こんな感じで賑わっています。

120-3

小町にきたら、お団子、せんべいを買って歩きながら食べましょう。

鎌倉の路地

風情ある鎌倉の路地は、鎌倉の最も鎌倉らしいところです。

鎌倉の路地は風情がありますね。 やはり鎌倉だなって思います。

119-1

こんな鎌倉に暮らしてみたいと思いますね。

119-2

119-3

由比ガ浜2丁目付近の路地です。

119-4

江ノ電も路地の間をすり抜けていきます。

119-5

鎌倉の路地・・・

いつでもあなたを待っています。