カテゴリー: 藤沢市

竜宮城現る!片瀬江ノ島駅

江ノ島を心地よく歩いていると竜宮城出現!!
小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅は竜宮城をたぶん、いや
間違いなくモチーフにデザインした駅でしょう。
設計者の意図が良くわかりますが、あまりにわかりすぎてもう少しひねりを入れても良かったのでは、と少し思いました。

この竜宮城(片瀬江ノ島駅)の近くに、チロルという洋菓子店があります。
小さいチーズケーキが名物でとても美味しそうでした。

今回は、クッキーを買いました。

とても美味しかったです。
片瀬江ノ島駅に行くときは、是非寄ってみてください。

鵠沼駅

鵠沼駅は風格があります。

26-1

藤沢駅より石上駅、柳小路駅と進んでいくと鵠沼地域の中心となる鵠沼駅に到着します。鵠沼駅は、駅前という体をしっかりと作れています。

26-2

駅前のロータリーっぽい車寄せスペースや八百屋、魚屋、喫茶店、すし屋、ショップなどがあり、町名では、鵠沼松が岡、鵠沼藤ヶ谷という住宅地としてもっとも魅力的な地域の中心の駅であります。

26-3

「きせん」という軽食屋さん、ジャンボコロッケが有名らしいのですが、今回は寄りませんでした。数年前、担当した建築現場が近くのとき昼食を頂いた記憶はあるのですが、何を食べたか覚えていません。今度寄ってみようと思います。
鵠沼は、やはり風格があり落ち着いた雰囲気がよいですね。

ゆるい感じが江ノ電です

藤沢駅より最初の江ノ電の駅から湘南のゆるい雰囲気が漂います。

25-1
藤沢駅より江ノ電に乗ると最初の駅が石上駅です。
藤沢駅周辺の喧騒とした繁華街から一転、湘南の明るく朗らかな雰囲気を感じる風景が始まります。
さすが江ノ電!という感じです。単線の所々に生活用通路などが交差しているので、「危険」という看板ですら、危険に感じません。
25-2
ちょうど、おじさんがこの通路をわたっていきました。
このちょっと「ゆるい」感じがとても好きです。
25-3
線路の脇のお花が江ノ電に色を付けていきます。

湘南の何もかもゆっくりと流れる時間と空気のきれいさが大好きです。潮のかおりもほのかに感じられます。この湘南に暮らすと心もゆるくなりますね。

鵠沼の由来

鵠沼の由来を散策しました。

24-1
鵠沼藤が谷に鵠沼の名前の由来である、ハス沼がひっそりと残っています。
閑静な鵠沼の住宅街の中にあるこの沼は、もともとこの地域が湿地帯で多くの沼を埋め立てて形成されたことを伺えます。
24-2
現在は2ヶ所だけ公園として残され、その風景を見ていると、この地の原風景を想像できます。また憩いの場所としてもよいですね。
24-3
湘南の明るい日差しの中、どこか懐かしい沼や水田の独特の香りと共に、子供の頃どろんこになりながら遊んだ記憶がよみがえります。そういえば、私の住んでいる横浜にも小さな沼がありましたが、今は住宅街に姿を変えています。