山手111番館

アメリカ人建築家J.H.モ-ガンの設計の山手111番館は山手らしい建物です。

みなとの見える丘公園の中にある歴史的建築物として無料にて見る事が出来るのもうれしいです。

山手111番館1

外観はスパニッシュ調の開放的なアプローチが特徴です。赤い瓦屋根と白い外壁が綺麗です。 地上2階建て地下1階の構成になっていて、中に入ると重厚感のある落ち着いたインテリアになっています。

山手111番館2

壁は白の漆喰に石調のコテ模様をつけ、枠は木製の落ち着きのあるデザインになっています。 エースをねらえ!のお蝶婦人が出てきそうな感じがしました。

山手111番館3

全体的に明るい雰囲気と気品あるインテリアがさすがモーガンである。 フローリングのデザインや天井のデザインも素晴らしく、とても参考になりました。

やはり横浜山手には、この様な邸宅が良く似合うと思いました。