あんしん仲介

title1最近は中古住宅を購入してリノベーションされる方が増えています。中古住宅は新築に比べて価格が安く、同じ予算で新築よりも広い住宅、立地の良い住宅が選べます。また実物を見ることができるので、入居後の自分の生活がイメージしやすくなります。更にリフォームをすれば最新設備を導入したり、自分好みの仕様にできます。家族構成やライフスタイルに合わせた間取りの変更も可能です。fuan

ラクジュの仲介なら・・・

★「既存住宅現況検査技術者」によるインスペクション無料!!

建築士等の専門知識を持つ「既存住宅現況検査技術者」(一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会認定)が、お客様が購入を希望している住宅の調査を行います。その調査結果は物件購入を判断する上での材料のひとつとして活用することができ、中古住宅購入の不安を解消することができます。

→インスペクション内容については下記へ

★「あんしん既存住宅個人間売買瑕疵保険」加入無料!!

新築住宅には住宅瑕疵担保責任保険が付保されている為、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に何らかの瑕疵があったとしても、10年間は修繕費用を保険で補うことができます。しかし、個人間の中古住宅売買においては瑕疵保険の付保義務はありません。入居後すぐに何らかの瑕疵を発見しても、売主に費用を請求することはできないのです。そこでラクジュは個人間売買瑕疵保険を無料で提供します。購入後1年間は瑕疵があった場合でも保険でカバーできるようになります。(諸条件により瑕疵保険を付保できない場合もありますのでご相談ください)

→住宅瑕疵保険の詳細については下記へ

●インスペクションの検査項目

瑕疵保険インスペクション(補正)

●住宅瑕疵保険について

平成21年10月から住宅瑕疵担保履行法により、新築の住宅には瑕疵担保責任を確実に履行するための資力確保措置の一例として住宅瑕疵担保責任保険の付保が義務付けられています。住宅瑕疵保険とは、引渡しを受けた新築住宅に、万が一後日、欠陥が見つかった場合に、その欠陥を補修するためにかかった費用をお支払いする保険です。住宅瑕疵担保履行法では、構造耐力上主要な部分および雨水の浸入を防止する部分に関する10年間の瑕疵担保責任を対象としています。しかし、個人間の中古住宅売買においては瑕疵保険の付保義務はありません。入居後すぐに何らかの瑕疵を発見しても、売主に費用を請求することはできないのです。そこで「既存住宅個人間売買瑕疵保険」という商品が誕生しました。

ansin1ansin2