タグ別アーカイブ: 洋館

鎌倉文学館 その2

洋館造りの鎌倉文学館

長いエントランスアプローチである石敷きの坂道を上がっていくと 私設のトンネルがあり、それを抜けると洋館が現れます。

114-1

渡辺栄治の設計です。この文学館は、内部には鎌倉ゆかりの文学者 芥川龍之介や夏目漱石など作家の直筆の原稿や作品などが数多く 展示されております。

114-2

館内は撮影禁止ですので、外観を撮影しました。

114-3

鎌倉の山の手で、館内から由比ヶ浜まで海の見える景色そのものが ラグジュアリーな感じがします。

かいひん荘鎌倉

歴史ある鎌倉の歴史ある建物に泊まる事の出来る旅館、かいひん荘鎌倉

江ノ電の由比ヶ浜駅から徒歩1分のところに、大正ロマン溢れる建築物があります。その名も「かいひん荘」

この建物は登録有形文化財の指定を受けております。 出窓の多さと急勾配の切妻屋根と円弧形の出窓の上の丸い屋根が特徴の大正の洋館です。

111-1

海側(南側)は、正に洋館の美しい屋根と窓の配置が良いですね。

111-2

111-3

北側は、和風の佇まい、風格ある立派な建築物です。 1度泊まってみたいものですね。

レーモンドのエリスマン邸

アントニン・レーモンド設計のエリスマン邸は静かに佇んでいます。

アントニン・レーモンドは、フランク・ロイド・ライトに学んだ建築家です。

横浜には伊勢佐木町の不二家ビルも設計した、日本に数多くの建築を残した建築家です。

軽井沢の夏の家なども見に行った事があり、このエリスマン邸もライトの雰囲気を随所に見受けられます。

64-1

外観は、木製サイディングに白い塗装をした白亜の洋館です。

64-2

水平ラインは美しいサンルーム。

64-3

移築して現在の元町公園内にありますが、そこからの景色は山手そのものです。