タグ別アーカイブ: 湘南

竜宮城現る!片瀬江ノ島駅

江ノ島を心地よく歩いていると竜宮城出現!!
小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅は竜宮城をたぶん、いや
間違いなくモチーフにデザインした駅でしょう。
設計者の意図が良くわかりますが、あまりにわかりすぎてもう少しひねりを入れても良かったのでは、と少し思いました。

この竜宮城(片瀬江ノ島駅)の近くに、チロルという洋菓子店があります。
小さいチーズケーキが名物でとても美味しそうでした。

今回は、クッキーを買いました。

とても美味しかったです。
片瀬江ノ島駅に行くときは、是非寄ってみてください。

鵠沼駅

鵠沼駅は風格があります。

26-1

藤沢駅より石上駅、柳小路駅と進んでいくと鵠沼地域の中心となる鵠沼駅に到着します。鵠沼駅は、駅前という体をしっかりと作れています。

26-2

駅前のロータリーっぽい車寄せスペースや八百屋、魚屋、喫茶店、すし屋、ショップなどがあり、町名では、鵠沼松が岡、鵠沼藤ヶ谷という住宅地としてもっとも魅力的な地域の中心の駅であります。

26-3

「きせん」という軽食屋さん、ジャンボコロッケが有名らしいのですが、今回は寄りませんでした。数年前、担当した建築現場が近くのとき昼食を頂いた記憶はあるのですが、何を食べたか覚えていません。今度寄ってみようと思います。
鵠沼は、やはり風格があり落ち着いた雰囲気がよいですね。

ゆるい感じが江ノ電です

藤沢駅より最初の江ノ電の駅から湘南のゆるい雰囲気が漂います。

25-1
藤沢駅より江ノ電に乗ると最初の駅が石上駅です。
藤沢駅周辺の喧騒とした繁華街から一転、湘南の明るく朗らかな雰囲気を感じる風景が始まります。
さすが江ノ電!という感じです。単線の所々に生活用通路などが交差しているので、「危険」という看板ですら、危険に感じません。
25-2
ちょうど、おじさんがこの通路をわたっていきました。
このちょっと「ゆるい」感じがとても好きです。
25-3
線路の脇のお花が江ノ電に色を付けていきます。

湘南の何もかもゆっくりと流れる時間と空気のきれいさが大好きです。潮のかおりもほのかに感じられます。この湘南に暮らすと心もゆるくなりますね。

鵠沼の由来

鵠沼の由来を散策しました。

24-1
鵠沼藤が谷に鵠沼の名前の由来である、ハス沼がひっそりと残っています。
閑静な鵠沼の住宅街の中にあるこの沼は、もともとこの地域が湿地帯で多くの沼を埋め立てて形成されたことを伺えます。
24-2
現在は2ヶ所だけ公園として残され、その風景を見ていると、この地の原風景を想像できます。また憩いの場所としてもよいですね。
24-3
湘南の明るい日差しの中、どこか懐かしい沼や水田の独特の香りと共に、子供の頃どろんこになりながら遊んだ記憶がよみがえります。そういえば、私の住んでいる横浜にも小さな沼がありましたが、今は住宅街に姿を変えています。

茅ヶ崎 鉄砲通り

茅ヶ崎の鉄砲通りは、湘南色に染まったショップやレストランなどが点在するおしゃれな通りです。

鉄砲通りは、江戸時代、海岸一帯に幕府による大筒の演習場があり、その鉄砲の運搬の道らしいです。

でも、今は平和な明るいおしゃれな通りですね。
72-1
県道30号線より信号右折、もう茅ヶ崎です。
72-2
明るく独特で、様々なおしゃれなお店がいっぱいです。
72-3
車で走るのもいいですが、やはり自転車に乗って風をいっぱい感じたいですね。

葉山の定番

 

葉山といえば、葉山マリーナですね。

ヨットといえば湘南ですね。
社長も昔ヨットを持っていました。
ディンギーですけどね。
ディンギーとは手漕ぎボートに帆が付いたみたいなエンジンなしのです。
やはり憧れはクルーザーヨットですね。
それも葉山マリーナに係留できたらかっこいいですね。
54-1
葉山マリーナは、マリーナだけではなくショップやレストランもあります。
FMの放送局もあります。湘南ビーチFMです。
葉山に言ったら、78.9へチューニングです。
54-2
ヨットがたくさん係留されてリゾート感、満点です。
54-3
マリンクルーズもありますので、ヨットを持っていない人でも十分に楽しめます。

森戸海岸

湘南でもやはり葉山は風情が残っています。森戸海岸

葉山マリーナの南側は海水浴で有名な森戸海岸です。
このあたりは、湘南といっても落ち着きや風情が残る
どこか懐かしい湘南を味わえます。
ただ、夏の時期はやはり海水浴客で賑わう海岸です。
53-1
森戸の南には真名瀬漁港があります。
その先が一色海岸です。

53-2
北には葉山マリーナ、江ノ島、鎌倉などが望めます。
53-3
海岸近くは道が狭く、子供の頃海に着いた瞬間のまぶしさが
よみがえります。なにかワクワクしますね。

53-4
情緒豊かな雰囲気がとても好きです。
葉山の魅力は、こんな所にあります。

葉山町の隠れ里

葉山町の葉桜住宅は、新しい隠れ里みたいです。

逗葉新道沿いにある、逗子と葉山の境の葉山側がこの葉桜住宅地です。
分譲開発された住宅ではありますが、葉山の山々を望む事の出来る、湘南の山を楽しむことの出来る住宅地です。
50-1
閑静な葉山の山にある住宅地です。
50-2
JR逗子駅にはバス便があります。
50-3
葉山の神聖な山々を暮らしに
逗葉新道沿いには、温泉が出ていて、温泉ステーションという持ち帰りの温泉があります。自宅で温泉が楽しめます。

逗子市山の根の風景

逗子市山の根はまるで神々が現れそうな場所です。

山の根はJR逗子駅北側の丘陵地、谷戸となっている部分に既成の住宅が
広がって形成された町です。
一見して坂道が多く道が狭い印象があります。確かに道は狭いのですが
谷戸を登って行けば行き止まりとなる事もあり、住民以外は
あまり通行しない為に、それほど不自由は感じないです。
92-1
所々に断層が見られるワイルドで風情のある景観が
山の根の特徴です。

92-2
崖地に建つ家々も多いですが、谷戸の自然とJR逗子駅に徒歩圏内
ともあって、湘南の山好きには良いところでしょう。

92-3
山の根3丁目のほぼ頂上からの景観は神聖な感じすらします。

ご存じ、逗子マリーナ

逗子といえば逗子マリーナですね。

逗子の代名詞である逗子マリーナ。
バブル全盛の時の開発だけあってその華やかさは安土桃山時代?
ちょっと例えが変かもしれませんが、華やかさがあります。
60-1
小坪漁協入口までは、昔ながらの漁港の雰囲気です。
60-2
全部で9棟のリゾートマンションが立ち並び南欧風のリゾートを醸し出しています。
60-3
この華やかさは、湘南の光を感じます。